子供が独立したのが原因の場合

近年ベッドでは、今まで仲が良かった夫婦が、突然離婚するというケースが目立ってきました。それは、子供が独立した頃のタイミングで離婚する、熟年離婚と呼ばれるものであります。これは、本質を見てみると子供がまだ小さく、親が喧嘩をしているところを見せたくないがために、仲の良い夫婦を演じてる事に対して、亀裂が生じ始めたのが、ちょうど子供が社会に羽ばたき、成人するタイミングだったという事です。ですから熟年離婚とは、過去から離婚したいという意思はあるものの、生活の為や家族の為などを理由に今まで我慢してきた反動であり、その反動が大きければ大きいほど、離婚となる確率が多くなります。それを突然知らされた家族や親族はあまりにも突然の事でショックを受ける事もしばしばあるようですが、たいていの場合は妻からの申し出が多いようですが、こうした事例では、別れを告げられた夫の余生は、今まで仕事一色で家族の為に頑張り、もう少しで定年退職というところで、裏切られたかの酔うな感覚になり、趣味も楽しみも何にも残らない場合が多いとの事で、それらが理由となり精神的に追い込まれ、寿命が縮まる事もあるようです。こうした、熟年離婚の悲劇を招かないためには様々な発生する予測が立つ問題を回避し、お互いのコミュニケーションをしっかり取って行く事が大切であると言えます。