}PgžxQ年の夫婦は会話をあまりせずに、今の状況に満足度を感じていない方も多いいわれています。そこには関係の質が関係しています。
妻が夫に対して満足を感じていない調査があります。その傾向は若者のペアより熟年に多く、夫は妻が自分のことを評価していると思わないと熟知している場合が多くあります。妻の多くはその逆で夫よりも自分を評価しています。また、互いにわかりあっておらずに実際の評価と相手からの評価の予想の間のずれが存在しています。
夫婦の間のコミュニケーション行動の中でも会話は大切です。話をすることによって相手が今は何を思い何を考えているのかを、相手を思いやり支えている意思があるのかを相手に伝達できるからです。二人が一つ屋根の下に住んでいて話ができない時点で一緒に暮らす意味は薄れてしまうからです。
コミュニケーション行動の原理には、単なる情報伝達の手段ではなく、妻と夫の双方に対して関心の有無があるのかに関与しています。関心がなければ互いの関係に修復ができない亀裂が入っていると考えられますが、関心があるならば、相手の気持ちを考えて自分が行動したいので相手と話をするものです。会話がしたいと考えさせる関心が、妻と夫の双方に対してあるのかないのかが夫婦の満足に直接の関わりを持つのです。